お客様からのメール・2 地震保険のつづき

A様

こんにちは、黒柳です。

ダイアリーを読まれた当社のお客様からメールを頂きました。
情報としてお伝えします、相手の方には一応お話をしてあります。

・・・

今日、社長ダイアリーを拝見しましたら地震保険のことがのっていましたので、「我が家の対策がご参考になれば」と思いましてメールいたしました。
我が家も地震保険には入っておりませんが、その理由は以下の通りです。

①我が家の建物の耐震強度は建築基準法の1.25倍(耐震等級2)であり、全壊となる場合は周囲のほとんどが同様となるものと想定されること。
(この場合は保険会社が免責になる可能性が高く、免責にならない場合は皆そうなのだからとあきらめる)
②震度4~6程度の地震で建物の一部に被害を受けた場合は、保険から支給される金額はわずかと想定される。
③以上のことから地震保険は保険料が高いわりには、それほど支給が期待できませんので入っておりません。

しかし、家財保険の加入は検討の価値があると思います。(我が家は入っています)
火災保険はあくまで建物の損壊にしか適用されませんので、家庭内の家電類、衣類、箪笥、家具等の家財の損害に対しては支給されませんので、これ等の補償のためには別途家財保険に入る必要があります。
この家財保険にも地震保険がつけられますので、我が家では火災保険とは別に一千万円の家財保険に入って、地震保険を五百万円つけています。(地震で家財に損害をこうむった場合に支給されます。)
この方が中程度の地震でもある程度は支給される可能性は高く、いいのではないかと思います。

保険のプロではありませんので、間違いもあるかもしれません。詳しくは保険屋さんとご相談ください。(私は保険屋の回し者では決してありません。)
以上飛び入りで申し訳ありませんでした。

・・・

お返事です。

・・・

メールありがとうございます。

1つ質問をさせて下さいませ。

>①我が家の建物の耐震強度は建築基準法の1.25倍(耐震等級2)であり、全壊となる場合は周囲のほとんどが同様となるものと想定されること。
>(この場合は保険会社が免責 になる可能性が高く、免責にならない場合は皆そうなのだからとあきらめる)

の解釈なのですが、

保険会社さんが、保険の範囲を越えてしまうほどの、あまりにも大きな地震(地域的にも広くって、保険金額としてはビックリしてしまうほどのもの)の為に、保険会社さん自体が免責となる場合は、そういう決まりであればそれはそれでとりあえず、仕方がないことと考える。

保険会社さんが、免責になるほどの地震でない場合、これは多分、金額的には保険の想定範囲のものと考えている場合ということ、であっても、周りの建物は勿論壊れてしまって、そして、自宅も、もし壊れたと想定した場合、周りのその人達も、地震保険に入っていないのなら、ご自分も入っていないことは同じスタンスにいるわけですから、まあ~普通のことであって、特別ではないのですから、それはそれで仕方がないことと考えます。

という解釈で宜しいですか。

そして、その心の奥には、しっかり出来ているから地震についてはそれ程心配をしていませんですよ。ということでしょうか。

と解釈しております。

もし、違って解釈しているかもしれませんので、あえてご質問させて頂きました。
決して他意はありません。

宜しくお願い致します。

  黒柳

・・・

A様、以上です、宜しくお願い致します。

  黒柳

・・・

考えてしまいました、HP,情報交換が出来る様にした方がいいのかな~・・・
でもとっても大変になるよ、とも言われていて・・・

・・・

とても躊躇しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on GREE